カテゴリー: お酒の話

コウノトリラベル

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

先日、お鮨屋さんで京都にある木下酒造の

「玉川 生酛 2016BY」を呑みました。

 

お試しなので冷酒で少しだけ頂いたのですが

完全に熟成酒でその日のお鮨には

合わない気がしました。

 

しかし、後日ネットで調べたら燗酒とあり

お燗をしてもらえばもっと違った味わい

だったのだろうと思います。

 

 

ここの酒蔵の杜氏はイギリス人だそうです。

 

最近、外国人の杜氏の事を見聞きする事が

多くなってきました。

 

当然少数なので目立つのかもしれませんが

修行中も含めて確実に増えている様です。

 

頑張って修行して是非自国に帰って

酒造りをしてほしいと思います。

 

日本で造る日本酒とは少し違うかも

知れませんが、世界に認知してもらうには

こういった方々が必要です。

 

楽しみが増えますね!

 

 

では又、

今月の仕入れ(日本酒)

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

前回、間違って4本買ってしまい酒屋さんに

今度行くのはいつもより遅れると

思っていましたが・・・・

 

やはり沢山あると消費するペースも

早くなってしまいます。

呑む量が増えた分だけ私のお腹の量も

増えるので今後は2か月で3本のペースにして

お腹の量を減らすぞ!

 

と、いう事で今月の仕入はこの3本

 

 

左から

秋鹿の「純吟ひやおろし」

昨年からその季節に合わせたお酒の

楽しみ方を覚えたので「ひやおろし」も

秋を感じるお酒として仕入れました。

 

真ん中は

秋鹿の「生酛 へのへのもへじ 2020」

このお酒は手に入りにくい貴重なお酒で

私も特別なお店でしか呑めません。

そこでは10年物とか特に特別なもへじを

呑んでいましたが若いもへじは

初めてなので楽しみです。

家呑みで「もへじ」を呑むなんて

思いもよりませんでした。

 

右は

神奈川県は川西屋酒造店の「丹澤山 生酛」

酒屋さんにいる時にたまたま入荷されて

来たお酒で店主の方も

「まだ呑んでいないので味はわからんよ」と

言っていましたが、これも何かの縁と思い

若干の不安もありますが仕入れました。

 

今回は

季節のお酒と特別なお酒と初めてのお酒の

3本です。

我ながら凄く良い組み合わせだと思うので

楽しみですが・・・・

 

呑みすぎ注意!!!

 

 

では又、

仕入れ(テキーラ!)

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

今回の仕入はブランコ3本です。

 

 

左から

「サンダーストラック」前々回に仕入れて

吞口がスッキリしているのにアガベの旨味が

絶妙に感じられて大変美味しかったので

またまた仕入れてしまいました。

 

真ん中は

「オチョ」2020限定ボトルです。

限定と言われると買ってしまいますよね。

気のせいか毎年の様に限定ボトルがある気が

するのは私だけでしょうか?

 

一番右は

「カジェ23 クリオージ」これまた限定品!

しかし、これは本当に限定品で一度限りで

再製造の予定が無いそうです。

今の所は・・・・ですけどね。

アルコール度数が少し高めですけど

最高峰のブランコの一つらしいので

心して呑ませて頂きます!

 

本当はカジェ23の

「スタンダードを買う予定だった」と

伝えたら「試飲して下さい」と

スタンダードを小瓶に入れて戴きました。

 

 

この酒屋さんの店長さん?は色々お土産を

くれるのですが、今回は試飲用の小瓶と

 

これ!

 

 

ドンフリオのショットグラスです。

ペアで戴きました。

 

私は業者では無いので申し訳なく

思いますが、最近は妻の影響で

戴ける品は遠慮なく素直に戴いています。

いつもありがとうございます。

 

次回はドンフリオのできれば「1942」を

買って妻とこのショットグラスで

乾杯しよっかな~

 

では又、

菊の節句

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

昨日、九月九日は

五節句のひとつ「重陽の節句」でした。

 

古くから縁起がよいとされてきた

奇数(陽数)のなかでも一番大きな

九が重なる日として、陽が重なる

「重陽の節句」

 

 

菊花を浮かべた「菊酒」を

静かに楽しむ夜は格別でした。

 

 

では又、

今月の仕入れ(日本酒編)

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

どうも私は勧められた物を簡単に

「それも欲しい!」と言ってしまう

癖がある様で、今回は仕入れが4本になって

しまいました。

 

 

左から

秋田県舞鶴酒造の「田人」山廃無濾過原酒

珍しく東北のお酒です。

 

津島市長珍酒造の「長珍うすにごり」です。

店主の方が「高温で瓶火入れをしてもらった」

と、言って勧められたお酒です。

 

滋賀県畑酒造の「大治郎」山廃です。

前回美味しくて大好きになったので

連続仕入れです。定番になるかも~

 

最後はいつもの大阪の「秋鹿」です。

今回は夏らしく純吟にしました。

 

 

いつもは3本と決めているので次回は

意思を貫こうと思いますが、ふと思えば

前回から一か月しか経っていませんでした。

2か月に一回仕入れと決めていたのに

おかしいな~・・・・

 

ま、たまには良いか!

 

 

では又、

便り

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

札幌のテキーラBAR

alcozyからの便り・・・・

 

いつものイカした手書きイラスト入り。

 

「♪リメンバーミー 忘れないで~

 アルコジで飲んだテキーラの味を!

 すすきのの楽しい思い出を!」

と、ありました。

 

生きているうちに必ず行きます!!

 

今夜はEGO-WRAPPINの

「色彩のブルース」を聴きながら

テキーラと共に

札幌の夜の思い出に酔いしれます。

 

 

では又、

テキーラあそび

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

夏休みならではの昼呑み♪

 

フレッシュフルーツで

テキーラあそびパーティー♪♪

 

 

 

といっても、ただカットしたフルーツに

テキーラをぶっかけただけですが・・・・

美味しければ、楽しければいいのだ!!

スイカ・オレンジ・パイナップル・メロン。

さあ・・・・呑みくらべ結果は?

 

断トツ、パイナップルに痺れました!

 

 

 

 

トロピカルでご機嫌な昼下がり最高!!

 

 

では又、

仕入れ(テキーラ編)

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

今回のテキーラは全てショートボトルです。

 

 

左から

「ドン・ナチョ」アネホ

高級感がありますが意外と安価です。

 

「ボルカン」ブランコ

ボトルのブルーが綺麗です。

 

「エスポロン」ブランコ

前回、これのサングラスを戴いたので

仕入れましたが米国で人気があるそうです。

 

 

どれも呑んだことが無いので分かりませんが

店主の方と色々お話をして決めたので

きっと美味しいはずです。

 

とにかく沢山種類があるのでお店の方と

話をしだすと長居をしてしまうので

注意が必要です。

 

試飲を勧められたのですが車で行ったので

呑めなかったのですが、そしたら

「これ持ってって」と言って

試飲用と思われる小瓶を戴きました。

 

 

ありがとうございます!

 

美味しかったのですが銘柄が書いて無いので

次回頼むことが出来ないのが残念です。

今度からは書いてもらいます。

 

 

では又、

日本酒 ~其の二

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

前回に続いて日本酒のお話です。

 

日本酒の種類の多さを少し書きました。

好みは人それぞれなので良い悪いは

ありませんが、もともと日本酒は燗して

美味しくなる様に造っていた事を皆さんに

是非知っておいてほしいのです。

 

その昔は衛生環境が良くなかったり冷蔵庫が

なかったりで止む負えずそうだったので

今は冷やでも冷酒でも衛生的には

全く問題無くあえて冷酒用に造っている

酒蔵メーカーも多くあります。

 

しか~し、本来は燗なのです。

そして当然純米酒ですね。

 

戦後の疲弊した国民の為に

アルコールを添加して簡単に安く安定して

造れる日本酒を国の政策として大量に

世に出し続けたので、いわゆるアル添を

あたりまえと思っている方もいる様です。

 

その方が好きと言う方も私の親世代には

多く見られますが「その時代の味」と言う

やつですね。

そうだ!

アル添でも美味しい日本酒も稀にあります。

 

 

ちなみに・・・・

私の好みは美味しければ何でも良いのですが

強いて上げれば、火入れの純米酒で

旨味がしっかりあってキレが良く酸味強めの

日本酒を45度に燗して呑むのが好きです。

酒器によっても味が変わるので

それも楽しみの一つですね。

 

もう一つ、

ちゃんと造った日本酒は

冷やでも燗でも美味しく呑める事を

知っておいてほしいです。

 

 

では又、

日本酒 ~其の一

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

先日、ある冊子の中のコラムに居酒屋で

若い店員さんに「熱燗を1合下さい」と

言ったら通じなくて残念でしたと

書いてありました。

 

私も同じ様な経験があります。

 

お店の方が忙しそうでしたので燗では無く

メニューから銘柄を選んで「冷やで」と

お願いしたら、300mlの冷酒の瓶が出て来た

時は少し泣きそうになりました。

 

お店によっては燗酒用に本醸造が少しあり

「冷やか冷酒で呑むのが当たり前」と

自信を持って言う店主がいるのが

私は残念です。

 

嫌な思いをしない為にお店によっては

よく考えて注文する様に気を付けていますが

せめて「冷や」と「冷酒」の違い位は

知ってほしいです。

 

とにかく、日本人なら日本酒の最低限の

常識を知っておいてほしいですし、特に

日本酒を出す飲食店で残念な思いを

しなくて済む様になると良いなと思います。

 

 

日本酒の呑み方は「冷酒」「冷や」「燗」

燗でも熱燗からぬる燗など

多様な飲み方があり、味も

淡麗・芳醇・辛口・甘口・重い・軽いなど

本当に多種多様です。

 

更に、生酒とか火入れ1回とか2回とか

造り方も生酛・山廃・速醸などなど、

組み合わせは無限にあります。

そういえば熟成期間の違いもありますね。

 

そして、何と言っても安い!

ワインの何倍も手間暇をかけて気を使って

造っているのに値段は数分の一です。

 

安価で沢山の種類があるので

皆さんの好みに合う日本酒を

是非探してみて下さい。

 

手に入りにくい日本酒も多くありますが

色々酒屋さんを探すのも楽しいですよ。

 

 

日本酒の事を書き出すと止まらなくなるので

今回はここまでです。

 

 

では又、