カテゴリー: 設備紹介

高精度測定もOK!

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

この度

高精度画像寸法測定器を導入しました。

 

LM-1000/1100

 

色々と、すったもんだが有りましたが

当初の目的に限定した設備に落着きました。

 

0.001mmを測定出来るそうですが

私には想像できない寸法です。

 

今までは弊社で作ったり仕入れたりしている

部品の細かい精度は「良いだろう」でしたが

これからは自信を持って「良いです」と

言えるようになるので安心ですね。

 

設備費を直接回収は出来ませんが精度保証が

しっかり出来るので自信を持って

納品出来ますし、御客様にも安心して

使って頂けるので喜ばれるはずだと

信じています。

 

しかし・・・・

今まで見えなかった所まで見えてしまい

粗が分かってしまうのでより一層丁寧な

仕事に努めると共に1ミクロンの加工が

出来る技術の習得も必要になります。

 

頑張って精進するぞ!

 

 

では又、

新入社員紹介!

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

新たに弊社に加わった新入社員を紹介します。

 

その名は・・・・ルーミー!

 

 

ず~っとダイナ1台でやってきましたが、

考えてみれば無理がありますよね。

 

これからは打合せ等の日程調整が大変楽に

なりますし、何かと重宝しそうです。

 

 

 

多機能すぎて少々困惑していますし

運転がバーチャルな感じで怖さがあります

 

私は25年以上四駆とダイナ以外

乗っていないので普通の車に慣れるのに

少し時間が掛かりそうですが、思いのほか

楽しみにしていた自分に驚いています。

 

私も大切に乗るのでみんなも

大切にして下さいね!

 

あっ!もちろんダイナもね!

 

 

では又、

仕事の仲間たち-10

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

 

これはもう大昔から無くてはならない設備で

一番の働き者で、これがあってこそ弊社が

成り立っていると言っても過言では無いほど

大切な大切な設備です。

 

代は5年毎に変わるのですが、献身的な

働きぶりはいつまでも変わりません。

 

勿論、費用対効果も最高水準です。

 

これからもずっとずっと宜しくお願いします。

 

 

では又、

仕事の仲間たち-9

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

 

まさかこんな状態になるとは20年前には

想像すら出来ませんでしたが、まるで

パソコン教室の様ですね。

 

30年前に加工データを作る為に「自動プロ」

(自動プログラミング装置の略だと思う)

を駆使してちょっとした加工データでも

頭の中をフル稼働して作っていた頃が

懐かしく思います。

 

今思えば頭の中に自前のCAD/CAMを

入れている様な状態でしたので

お陰で、3D空間認識能力と

リアルな想像力を鍛えられました。

 

初めての形状データを限られた時間で

間違いなく確実な設計・加工データを作る

訓練には最適なので、「今の社員にも」と

思うのですが、同じハードを与えたとしても

時代(環境)が違うので、当時の自分の様に

いくわけありませんよね。

 

そこが歯がゆくて残念ですが、その分CAD/CAM

が低コストで使えるようになったので、

当時より効率と正確さはアップしているのも

間違いありません。

 

技術の進歩により、生産能力が向上した

変わりに人間の能力は

どんどん低下して行くような気がして

少々不安のある今日この頃ですが

ただの老婆心である事を願っています。

 

 

では又、

仕事の仲間たち-8

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

 

 

昨年の2018年に導入した

「DMU50 3rd Generaition」です。

弊社の数台ある5軸加工機は全て割り出し5軸

なのですが、この機械は同時5軸加工機で

実は欲しくても高価すぎて導入する勇気が

出なかった設備です。

 

当然導入予定ではありませんでしたが

夏に偶然久しぶりにお会いした営業の方に

話を伺い急転直下決定して、年末に導入した

設備です。あそこでお会いしたのも何かの

縁だったのでしょうね。

 

この設備投資が成功かどうかの結果はまだ先に

なるのでしょうが、今の所色々な面で

うまくいっているので、優秀な弊社社員の

力で成功に導いてくれると信じています。

 

 

では又、

仕事の仲間たち-7

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

 

2年前の2017年に導入した

「KEYENCE MD-X1500」レーザー刻印機です。

 

自分も含めて製造業に従事している人達は

字が上手くない事が多く弊社の社員も

例外では無く、製品に書かなければいけない

文字・数字に少々難があり、

それを解消する為に導入しました。

 

売上に直接反映される設備ではない割には

高価でしたので導入には少し迷いましたが

お客様に高評価を頂いているので

この投資は成功だったと思います。

 

それと、弊社とは全く違う使い方での仕事が

思いがけず舞い込んできたのには驚きました。

 

これからは「この機械はこの使い方だけ」

と言う考えは捨てて、どの設備でも使い方は

無限大ととらえて活用していこうと思います。

 

 

では又、

仕事の仲間たち-6

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

 

4年前の2016年導入の「DMU50 NEW」です。

NEWと言っても中身は旧型とほぼ同じで

外観が大きく変わっただけです。

 

この年は新社屋が完成し設置スペースが

増えたのと忙しさのピークでもあったので、

思い切って高価な5軸加工機を増設しました。

 

支払いに心配はありましたが、これが無ければ

沢山頂いていた仕事を納期に間に合わすことが

出来なかったと思うので、勇気を持って

導入してよかったと思います。

 

 

では又、

仕事の仲間たち-5

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

5年前の2014年導入の「MILLTAP700」です。

 

仕事量が増えて機械が足らなくなり増設が

必要になって来たのですが高価な5軸加工機は

簡単には購入できないですし、当時の工場では

設置スペースも限られていたので、

小さな機械にしました。

 

弊社で唯一の3軸加工機ですが、

小さい事もありスピードはぴか一なので

意外と重宝しています。

 

では又、

仕事の仲間たち-4

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

 

7年前の2012年に導入した「DMU70」で

「DMU50」のφ700モデルです。

 

当時はまだ木工機の大きな5軸加工機が

あったのですが、精度に問題があり、更に

この頃には金属の加工が急激に増えて来て

少し大きめで弊社で購入可能な5軸が

必要という事で、この機械を導入しました。

 

しかし、弊社の加工対象物は小さい物が多く

ヘッドがベースに干渉しやすいと言う

問題があり、何でも大きい方が良いとは

限らない事を学びました。

 

今では治具ベースの加工と樹脂ゲージの加工の

担当になってもらっています。

 

やはり樹脂を加工すると機械は傷みやすいので

これも、思いやりを持って掃除と

メンテナンスをしっかりしないといけませんね

 

弊社の機械で一番弱っていそうなので

心配です。

 

 

では又、

仕事の仲間たち-3

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

 

12年前の2007年に導入した「DMU50」です。

今となっては古い感じの機械ですが、

当時工場が狭かった事もあり

軽くて小さくて安価な5軸加工機を

探していた時に発見して

喜んだ記憶があります。

 

導入2年後にリーマンショックの影響で

仕事が激減して3年ほど苦しんだ思い出が

今となっては懐かしく思います。

 

ときおり駄々をこねて修理が必要に

なりますが、5軸にもかかわらず今でも

精度よく加工ができるのでまだまだ

頑張って働いてほしいですし、

やはり、最初の5軸加工機なので

愛着もあります。

 

古株の機械なので社員の皆さんには

労わって使ってほしいと思います。

 

では又、