カテゴリー: 設備紹介

仕事の仲間たち-2

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

 

 

19年前の2000年に導入した

アーム式三次元測定機(Faro Arm)です。

 

それまではハイトゲージで苦労して

測定していて、精度保証としては問題が

あったので、ちゃんとした三次元測定機を

探していた所、これに出会いました。

 

弊社の主力製品の治具の測定には通常の

門型の測定器では測定しにくく時間も

掛かるのですが、アーム式は簡単で短時間で

測定できたのでこれに決めました。

 

他メーカーのアーム式もありましたが、

このメーカーは日本ではまだ新しく、

老舗大手メーカーでは無い所が気に入ったのと

当時の営業の方が大変親切で丁寧で

好感度が高かったのも理由の一つです。

 

3~4回買い替えていて今では2台に増えました。

 

しかし、最近部品加工とか、治具でも

0.01mmの保証が必要な物件の依頼が出て来て

保証できないと言う理由でお断りする事が

何度かあり、最近はミクロン台の

測定器の必要性を感じているので

只今思案中です。

 

20年も同じではいけないのでそろそろ

バージョンアップします。

 

 

では又、

仕事の仲間たち-1

おはようございます! 誠工業の池田です。

 

私のブログは仕事の話が少なすぎるので

弊社の設備紹介をしたいと思います。

 

35年以上使っている機械もある木工機達です。

 

10年前までは金属の加工は出来なかったので

この機械達がフル稼働していましたが、

今でも、無くてはならない設備です。

 

この場所に行くと自分が木型屋だった頃の

事を思い出して、懐かしくなりますね。

30年ほど前に「NC工作機」と「自動プロ」を

導入してからは人間もコンピュータに

制御されている気がします。

 

大変ではありましたが自分の頭と体と

ノミ、カンナ、木工機などだけでものづくりを

していた頃の充実感と達成感は今のそれとは

かなり違い、力強く生きていました。

 

では又、