耳かき  安達

耳かき好きの自分としては長年、自分で先端を薄く削ったものを愛用していましたが最近、至高の心地よさと言って過言では無い逸品に出会いました。

 

一度使うともう他の物は使えません。